予備校は金額や人気で決めるよりも自分が伸びるところを選ぼう

講義の内容はどんなものなのかを考えることが重要

とにかく通わないと、人気があるところを選ばないと、ではなく自分に合ったところを選ぶことが重要なのです。
自分は金額も重要視していましたが、それは収入と家族への負担を考えたからです。
受験生にはそのような事情から通うことを断念してしまう人もいます。
しかし、ずっと通うのではなく合宿だけ参加をすることが出来たり、集中型の短期間の受講をしているところなどもあります。
自分が通いやすい時期や得意分野、伸ばしたい科目などを考えて決めると金額をそこまで気にしなくても大丈夫、という場合もあるので一度調べてみました。
自分はそのおかげで通うことが出来ましたし、自分に自信をつけることが出来たのか自宅での勉強にも集中出来るようになって良かったです。
自宅での集中力がつくと一気に勉強の仕方や自分がどんなものが苦手なのか、どの部分を集中的にするべきなのかを考えることが出来るようになりました。
これはとても良かったと思います。
はじめは人気が高いところへ行きたくて色々と借金までして行こうか、と考えてこともあります。
ですが、自宅で勉強しているときに自分が苦手な科目や分野をその予備校ではどんな風に教えているのだろうか、と調べたところから金額や人気があるないではなく、苦手なものを克服する授業をしているか、講義の内容はどんなものなのかを考えることが重要だと気がつくことが出来ました。

今夜9時からのFB Live!フクロウ予備校は小村明生presents正しい格付け選手権です。
例えばブランド品の価格はどうやって決まるのか?各自持ち寄った私物の金額は一体いくら?物に与えられる格付けの秘密に迫ります。
どうぞお楽しみに! pic.twitter.com/pDxezLvv9Q

— フクロウ大学@公式 (@fukuroudaigaku) April 2, 2020

金額が高いところへ通わせてくれた両親には本当に感謝 : 講義の内容はどんなものなのかを考えることが重要 : わかりやすい説明と言葉の使い方に感動した